誕生日や納車のお祝いにご利用頂いています。愛車の写真で作ったオリジナルプレゼントのご紹介です。誕生日の贈り物にいかがでしょうか。
navi.gifトップページ送料・決済ご注文方法作品紹介お客様の声よくある質問お問合せ

結婚式でのご利用

皆さんこんにちは、すっかりバイクのとりこになってしまってます『あみものあ~と』です。

バイク、愛車オリジナルプレゼント

こちらは愛車の写真で作ったひざ掛けです。

結婚祝いや誕生日プレゼントなど、バイク好きの方へのプレゼント用のご依頼が多く、当店でも人気商品の一つとなっています。

ひざ掛けの詳細はこちら

 

先日の事、とあるツーリング仲間と話していたときのことです。

その方はご結婚されいていて、お子様も3才と1才。

ツーリングへの出発前は「パパどこ行くの?」と言われるほどかわいい時期だそうです。

それなのに1泊のツーリングに参加されていたので、事情を伺ってみました。

 

「奥様、とてもご理解のある方なんですね!」

「ええ、実はね、結婚式のときにバイク仲間と野球の仲間にはすごくお世話になって、
 それ以来友達との付き合いを尊重してくれるんです。
 でも子供も大きくなってきたし、そろそろ家を出づらくなってきましたね。」

 

なるほど、奥さまのご理解にはちゃんと理由があったのですね^^

 

お客様の中には結婚祝いで作成される方もいらっしゃるのですが、先日はとてもうらやましいお写真でご依頼がありました。

なんと、和装姿の新郎新婦が2台のバイク、しかもハーレーと一緒に写ったお写真だったのです。

 

きっと二人でツーリング行かれているんでしょうね。

しかもハーレーで^^!

 

羽織袴と色内掛けの和装姿でしたのできっと結婚式のお衣装合わせのときに撮ったお写真でしょう。

と言うことは、結婚式にもこのバイクが飾られるのかもしれませんね!

いや、きっとそうでしょう^^

 

参列者の中にもバイク仲間がいらっしゃるんでしょうね。

 

私の周囲にはバイクに理解のある人が少ないですのでとてもうらやましく思います。

 

バイクつながりで結婚相手なんて見つかると、きっと毎週のように夫婦でツーリングに行っちゃうかもしれません。

あぁ、なんて素敵な結婚生活なんでしょう(笑)

 

私も色々と結婚祝いを贈って来ましたが、いつか自分も・・・なんて思っています。

 

皆様がお選びになる結婚祝いに当店の作品がお役に立てれば幸いです。

 

バイク仲間に贈る結婚祝いとして、愛車のオリジナルひざ掛けをご検討下さい♪♪

皆様、末永くお幸せに☆

 

 

 

皆さんこんにちは、あみものあ~とでは本日もたくさん編み物しています☆

結婚式でのプレゼント

お写真で作るオリジナルプレゼント!

新郎さん新婦さんの子供の頃のお写真で作ったひざ掛けを編んでいます。

ひざ掛けの詳細はこちら

 

改めましてこんにちは、あみものあ~との三浅です。

お写真そっくりのオリジナル商品を編み物で作成しています。

当店にご注文下さるお客様は、誕生日プレゼントや結婚祝いなど、皆様色々な目的でご注文くださるのですが、なぜか同じご利用目的の方が立て続けに数名続く事は珍しくありません。

そしてここ数日多いのが、結婚式の披露宴でお父さんお母さんへ贈るプレゼント用のご依頼です。

 

きっと新婦さんからのお手紙の後に花束と一緒に贈られるのかもしれませんね。

人生最高の素敵な場所でご利用いただけるなんてとても嬉しく思うと同時に、最高の作品を作ろうと励みながらお仕事させて頂いております。

 

お届け後にどのようの使われているのか想像しながら日々作成に励んでおります。

花嫁さんのお手紙、いつも泣かされます^^

 

ウェディングストーリー

 

「お父さん、お母さん、今日まで育ててくれてありがとう。

 体が弱かった私はきっとたくさん心配かけたと思います。

 毎週のように空気の綺麗な高原に連れて行ってくれたり、

 食べる物を自然食品中心にしてくれたりと、

 色々気を使ってくれましたね。

 お父さんとお母さんが夜遅くまで、私の病気の事を話していたのを

 こっそり聞いたことがあります。

 あの時、早く元気にならなくちゃと思いました。

 

 私の病気が良くなると、今度は別の意味で心配させてしまったかもしれません。

 高校ではバレー部に入り、

 大学では一人暮らしまでさせてくれましたね。

 でも、そのおかげで私はこんなに素敵な友達と出会う事ができました。

 

 今日、私はサトシさんの元へ嫁ぎます。

 お父さんお母さんのような夫婦になるにはまだまだ何年もかかると思うけど、

 幸せな家庭を築いていきたいと思います。

 

 子供の頃、たくさん写真を撮ってくれましたね。

 その一枚一枚すべてが大切な宝物です。

 今日はその中の一枚、私の一番気に入っている写真で

 二人にプレゼントを作りました。

 私がいなくなる代わりに、ソファーにかけて飾って下さい。」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

披露宴で花嫁さんのお手紙はいつも泣かされますね。

結婚式後日にお客様からご連絡を頂き、ひざ掛けを広げたときに会場から歓声が上がっていたとお聞きすると私達も大変嬉しく思います。

そのような場面で使っていただけていると思い、私達もしっかりと責任を持って作成に励んでおります。

 

そしてお二人のお幸せを感じながら、まるで幸せのお裾分けを頂いているような気持ちで作成させて頂いております。

 

このお仕事が出来て幸せです。

これからも頑張りますのでよろしくお願い致します。

皆さんこんにちは、あみものあ~との三浅です。

結婚式のウェルカムボードなど、お写真そっくりのオリジナル作品を編み物で作成しています。

ウェルカムボード、新婦さんの笑顔

こちらは当店で作成させて頂いたウェルカムボードです☆

商品の詳細はこちら

 

さて、当店ではウェルカムボード以外にも結婚式でご利用頂いているアイテムがいくつかあるのですが、他のプレゼント用商品と違い、結婚式のアイテムは作品を作っていてとても幸せな気持ちになります。

まるでお客様の幸せな気持ちがこちらまで届いているような気持ちです。

 

その中でもウェルカムボードは新郎新婦の笑顔のお写真を拝見することが出来ますので、まるで私たちがその結婚式披露宴の舞台裏でお手伝いさせてもらっている気分になります。

 

さて、ウェルカムボードは当然新郎新婦さんからのご依頼が多いのですが、時折ご家族やご友人からご依頼いただく場合もあります。

ウェルカムボードをプレゼントされるようですね。

 

それでは、本日も物語り形式で商品のご利用シーンをご紹介させて頂きます。

あみものあ~とのウェディング物語り、始まり始まり。。。☆

ウェディングストーリー

 

「母さん、式の準備は順調なのか?」

「もう、お父さん、自分で聞いたらいいでしょ。」

 

「あの子は今日仕事じゃないか。」

「なによ、家にいる日は何も聞かないでいるくせに。。。」

 

「お金は足りてるのか、結婚資金は。」

「知りませんよ。子供じゃないんだからちゃんとしてるでしょ。」

 

「何か、困ってる事とかは無いのか。」

「あ、分かった、お父さん、何かしてあげたいんでしょ。」

 

夫はとてもいい父親でした。

小さいときから娘とずっと一緒でした。

子供のおままごとやお店屋さんごっこに延々と付き合い、

仕事から早く帰った日は一緒に散歩に行き、

いつも優しく、そして時に厳しく、本当にいい父親でした。

 

娘が中学に入った頃から単身赴任が続き、会話をする機会が減ってからは年頃の娘に何を話してよいか分からない風で、いつも私を介して娘の様子を聞いてきます。

 

まぁ、これが娘にとってもめんどくさくないようでお互い良い距離感をとっているのかもしれません。

 

「どう、結婚式の準備は順調?」

「あ~、お母さん、それがなかなか決めらんなくって。。。
 ねぇ、席辞表、どっちのデザインが良いと思う?
 あと、ウェルカムボードはあった方がいいよね?」

 

「ん~、ウェルカムボードねぇ。」

「私は置きたいんだけど、ちょっと予算がね。。。出来るところから節約しなきゃ。
 でもね、結婚式の終わった後に何か形に残る物欲しいんだ。
 そういう物って以外と無いでしょう?
 ウェルカムボードだったらずっと部屋に飾っておけるじゃない?」

 

「なるほど~、ウェルカムボードか、良いねぇ?」

「やっぱり欲しいな・・・」

 

「実はさ、お父さんがね、あなたのお祝いに何が良いかなって言ってたのね。」

「え!?お父さんが?」

 

「うん、そうなの。ウェルカムボード、お父さんに聞いてみようか。
 ご来賓の皆様をお迎えする物だからお母さんもそういう物がプレゼントできて
 親としても嬉しい事だし。」

「いいの?実はさ、気になってるのがもうあるんだ。」

 

こうして夫と私から娘への結婚祝いとして、二人のウェルカムボードを贈る事になりました。

新婦の親と言うのは結婚式では一番目立ってはいけない存在だという認識はありますが、出来る限りの形で皆様への感謝の気持ちを伝えたいと思います。

このウェルカムボードでご来賓の方々をお迎え出来れば幸いです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この物語はフィクションですが、新郎新婦のお父さまやお母さま、またご友人の方からウェルカムボードの作成依頼をお受けすることがあります。

やはり皆様がプレゼントにご利用だそうで、新郎新婦に商品を決めて頂く場合もあれば、サプライズで贈られる場合もあるようです。

お二人の幸せを祈りつつ、作成させていただいております。

 

皆様素敵なご家庭を築いてください^^☆

 

 

皆さんこんにちは、あみものあ~との三浅です。

お写真そっくりのオリジナルプレゼント作ってます☆

愛車の写真でオリジナルプレゼント

車好きな方へ、愛車のオリジナルひざ掛けはいかが?

ひざ掛けの詳細はこちら

 

改めましてこんにちは、あみものあ~との三浅と申します。

お写真そっくりのオリジナルグッズを編み物で作成しています。

編み物で出来た不思議な作品、サプライズプレゼントにいかがでしょうか。

 

さて、この頃は結婚式で新郎さんへ、新婦さんからサプライズプレゼントを贈るという習慣があるようです。

今回はその披露宴で新婦さんが新郎さんへ贈るサプライズプレゼントのお話し。

ごゆっくりご覧下さい。

あみものあ~とのウェディング物語り、始まり始まり。。。

 

ウェディングストーリー

 

「皆様ご歓談を楽しまれているところではありますが、
 ここで当式場からある提案がございます。

 実は花嫁さんのお衣装選びの際、
 新婦さんがある方に謝りたいと思っている事を伺いました。

 そしてこの披露宴が終わってからお詫びと感謝の気持ちをこめて
 あるプレゼントをお渡しするのだと話して下さいました。

 それならばと、私たちからのご提案で、
 この披露宴のときにお渡ししてはどうかと相談してみました。

 新婦さんはとても恥ずかしそうにされていましたが、私たちの説得もあり
 この披露宴の場をお借りして新婦からある方へ、プレゼントを贈らせていただきます。」

 

司会の方に促され、私は用意していた手紙を出し、読み始めました。

 

「カッちゃんへ。

 私からの手紙、びっくりしてくれましたか?

 まさか、こんな大勢の前で手紙を読む事になるなんて思ってもなかったので

 自分でもちょっと恥ずかしく感じています。

 

 カッちゃんに出会って今日でちょうど3年ですね。

 3年前、出会ったときはバイクに乗ってて、最初は怖い人だと思っていたけれど

 話してみるととても優しく、すぐに私の方が好きになってしまいました。

 

 二人でいっぱい旅行したね。

 大阪ではたこ焼き食べて、名古屋では味噌カツ食べたね。

 いっぱい笑って、喧嘩もたくさんしたね。

 

 いつも私の心の支えになってくれています。

 

 そんな中、結婚が決まると同時に、カッちゃんは何も言わずにバイクを売ってしまいました。

 きっと、私がずっと心配していたからではないでしょうか。

 

 いつか何か起きるんじゃないかって、ずっと心配だったけど、

 まさかあんなに好きだったバイクを本当に手放すなんて・・・。

 

 いつか言ってたよね。

 二人でバイクで北海道行きたいって。

 私を後ろに乗せて走るんだって。

 夢、かなわなくても良いの?

 

 お願いがあります。

 今はまだ怖いし、心配だけど、いつか、もし、子供が出来て、
 子供たちが皆独立して、また私たち二人の生活が始まったら、
 私を北海道に連れて行ってください。

 バイクの後ろに乗せて、二人で大阪や名古屋、沖縄、
 日本中連れて行ってください。

 

 カッちゃんが大事にしていたバイクでこのボードを作りました。

 喜んでくれるかな?

 二人で暮らす部屋に飾ってくれると嬉しいです。

 こんな私ですが、北海道行く日まで、末永くよろしくお願いします。」

 

バイクボード/愛車オリジナルグッズ

バイクの写真で作るオリジナルボード

商品の詳細はこちら

 

この物語はフィクションですが、結婚をきっかけにバイクを手放す方もいらっしゃるのではないでしょうか。金銭面も理由になると思いますが、やはり独身時代とは違い、結婚すると自分の時間は少なくなり、バイクに乗れる日も減ってしまうと思います。

そんな私も結婚した当初は自分の時間がとれませんでしたが、今だ自分の時間も作れるようになり、週末には趣味の時間を過ごすようになりました。

バイクにもまた乗りたいと思っているところです。

ご夫婦で2台のバイクと一緒に撮ったお写真で依頼される方もいらっしゃいますのでそういうカップルは結婚後も二人でツーリングに行けれるかもしれませんね^^

実にうらやましいことです。

 

皆様の結婚式を心よりお祝い申し上げます。末永くお幸せに☆

皆さんこんにちは、あみものあ~との三浅です。

お写真で作るオリジナルプレゼントに、ここ数日は結婚式でご利用の為の依頼が増えております。

結婚式で贈るプレゼント

新婦さん幼少の頃のお写真で作るオリジナルひざ掛けです。

生まれた日から今日まで育ててくれた感謝のプレゼントにご利用頂いております。

ひざ掛けの詳細はこちら

 

改めましてこんにちは。あみものあ~との三浅です。

お写真そっくりのオリジナルのひざ掛けを編み物で作成しているのですが、このところ、結婚式でのご利用が増えてきました。

気候が良くなるとガーデンウェディングやオーシャンビュー挙式も増えると思いますが、ご来賓を呼びやすい季節でもありますし、結婚式を挙げるカップルの数も増えているのかもしれませんね。

 

さて、お客様がご注文下さる背景には色々なドラマがあります。

贈る側、贈られる人の気持ちを考えながら作品作りをしていますが、本日はどんなお客さまに出会えるでしょうか。

あみものあ~とのウェディングストーリー始まり始まり。

 

ウェディングストーリー

 

お父さんの事は少しだけ覚えてる。

私の頭を撫でてくれた手がすごく大きかった。

抱きしめてくれた感触や、少し煙の匂いが混じったお父さんの匂いも覚えてる。

 

私がまだ小さい頃、その父を病気で亡くし、母は私と妹を育ててくれた。

 

早く大人になりたい、お母さんの為にも自分も早く働きたい。

そんな風の思っていたのがつい最近の事のよう。

 

結婚式は質素に挙げることにした。

最低限の友人と近い親戚だけを呼び、披露宴もごく少人数で行う予定。

 

お客様へのお料理だけは手を抜きたくなかったが高級な食材は避け、私たちの身の丈に合った素朴な料理、そう、ナイフとフォークではなくお箸で食べられる和食にしよう。

 

でも、私が一番大切にしたいのは、母への手紙。

いいや、両親への手紙だ。

きっと父も天国で私を見守ってくれているだろう。

私が間違った道に進まないよう、きっと守ってくれているだろう。

 

手紙は、こう書き始めた。

「お母さんへ。

 そして、天国のお父さんへ。

 ・・・・・・」

 

手紙は一気に書き上げた。

今までの想いがどんどん溢れてきて、泣きながら書いた。

きっと文章としては雑な部分も多いとは思うが、このまま生きた言葉で母へ、そして父へ伝えようと思う。

 

お母さん、お父さんの事好きだったんだろうな。

お父さんもお母さんの事、大好きだったんだろうな。

今結婚する私が彼の事を好きなように。

 

今まで育ててくれてありがとう。

二人の子供に生まれて、本当に幸せです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この物語はフィクションですが、きっとこんな風に素敵なご家族の中で育った新郎新婦のお二人がご注文してくださっているのだろうと想像しながら、私たちは作品作りをしています。

 

素敵な結婚式になりますよう心からお祈りすると同時に、良い作品に仕上がるよう作成の方も頑張っておりますのでよろしくお願い致します。

 

 感謝のプレゼント お写真で作るオリジナルひざ掛け

 

編み物で出来た、結婚式のウェルカムボード

 

 

皆さんこんにちは。結婚式のウェルカムボードを編み物で作成しています、あみものあ~とです。

ウェルカムボード、新婦さんの笑顔

商品の詳細はこちら

 

結婚式には色々な特徴がありますね。

例えば予算をあまりかけずに行う地味婚、ご来賓の方々に配慮したおもてなし婚など、時代により新郎新婦の意識も変わってきているようです。

そんな中、最近ではご来賓の皆様に感謝の気持ちを伝える『ありがとう婚』が増えてきているようです。

 

私も感謝に勝る言葉は無いと思うほど、日々の何気ないことに感謝する気持ちの大切さを感じるこの頃です。

 

以前は結婚式といえば花嫁さんが主役になり、皆さんへお披露目する人生最大のイベントだったと思います。今ではご列席の方に重点を置いた披露宴が好まれているのかもしれませんね。

 

当店でもウェルカムボードのご注文は少しずつ減ってきています。

ウェルカムボードは皆さんが手作りされるという方が増えてきた事や、あまり高額なウェルカムボードを準備するより、その予算をお食事などのおもてなしに当てられる方が増えてきていると伺っています。

 

お客様からお届け後にお礼のメールと合わせてお写真を頂くこともあります。

その中に、受付に飾られたウェルカムボードを新郎新婦を拝見すると私たちも非常に嬉しくなります。

その横に手作りのウェルカムボードが置いてあったりすると、「やっぱり手作りの方が温かみがあっていいな~」なんて、私たち自身も思ってしまいます^^;;

 

結婚式のご準備でお忙しい方もいらっしゃると思います。

どうぞムリの無いように、素敵な式に向けて準備を進め、そして体調を万全に整えて当日を迎えてください。

皆様の末永いお幸せを心よりお祈りしております☆

 

 

 

ウェルカムボード、新婦さんの笑顔

ウェルカムボード、編み物で作らせて頂きましたo^^o

商品の詳細はこちら

当店で作成するウェルカムボードは、鳥取県琴浦町にありますブライダルエステ『ハッピーラッシュ』さんで実物をご覧頂くことが出来ます。

 

↓↓ ホームページはこちら ↓↓

Happy Rush  http://happyrush.com/

 

ココではブライダルシェービングエステを受けることができ、実際に体験された新婦さんのお写真やご感想も紹介されていますので是非ホームページもご覧下さい♪

琴浦町はウェディングで町おこしをされています。

上でご紹介させて頂いているカップルも琴浦町の海の見えるテラスで結婚式を挙げられました☆

当店もお声がけ頂きまして、ウェルカムボードの作成でウェディングプロジェクトに協力させて頂いております。

 

さて、皆さんは結婚式前にエステを受けてみたいと思いませんか?

ハッピーラッシュさんによると、挙式直前にシェービング等されるよりも数週間前から準備するほうが良いそうです。肌荒れ等のチェックなどもしてもらえるようですよ。

 

当店からハッピーラッシュさんまでは車で1時間ほどですので営業の時や休日に近くを通るときなど時々立ち寄らせてもらっています。(もちろんお店に寄る前には一本お電話してから^^)

お客様の中にはお車に不慣れな方もいらっしゃって、1時間かけて通うことに抵抗を感じる方もおられるようですが、道路(山陰道)も整備されて運転しやすくなっていますし、JRの駅も近いのでJRを使って行っても良いと思います。

中には遠方からいらっしゃる方も多いようでなんと沖縄からのお問い合わせもあるとか・・・。

 

とても明るく話しやすいお姉さんですので迷っていらっしゃる方はお気軽に連絡してみてください♪♪

 

新婦さんが皆さん美しく見えるのはおそらくドレスや照明だけが理由ではないように思います。

それは笑顔であったり、心からにじみ出る幸せな気持ちが新婦さんを美しくさせるのではないでしょうか。

皆様の素敵な結婚式、披露宴を心から祝福いたします☆

 

皆さんこんにちは、ウェルカムボードを編み物で作成しています、あみものあ~とへようこそ☆

ウェルカムボード、新婦さんの笑顔

結婚式のウェルカムボード

商品の詳細はこちら

結婚式を間近に控え、仕事が手につかないという方、いらっしゃるのではないでしょうか?

職場に迷惑をかけてはいけないし、でも気持ちは焦るし、こんなときに限って彼も忙しそうだし・・・。

誰か助けて欲しい。

でも、心配すること無いと思います。自分だけが取り残されてる気持ちになるかもしれませんが、結婚式前なんて、誰でも気持ちがせかされるし、焦るし、心配事もたくさんあるもの。周りの人、特に式場の担当者さんや先輩夫婦にちゃんと頼って、助けを求めてみませんか?

話を聞いてもらうだけでも楽になれると思います。

 

さて、本日は結婚式前で焦る新婦さんの忙しい日々を覗いてみましょう。

あみものあ~とのウェディング物語り、始まり始まり。。。

ウェディングストーリー

 

やばいな~。主任に飛び出しくらっちゃった。

仕事、手についてない自覚がある。

小さなミスが出てるし、先日は主任のおかげで助かったけど、もう少しでお客様へご迷惑をかけるところだった。

 

は~ぁ、こんな調子で本当に結婚式できるんだろうか。

彼もぜんぜん話聞いてくれないし。

 

ってゆーか、なんで衣装合わせの日に仕事入れるかな~。

本当に結婚する気あるんか?

 

って、彼の愚痴言っても始まらないんだけど。

 

 

『コンコン・・・』

 

「失礼します」

「あ、そこに座って。」

 

「はい。失礼します。
 主任、すみません・・・」

「何が?」

 

「私、最近失敗が多くて・・・」

「な~に、そんなので呼んだんじゃないよ。」

 

「それじゃぁ・・・?」

「どう?結婚式の準備進んでる?」

 

「はぁ、それがなかなか。。。」

「やっぱりそうか。
 一人で煮詰まってない?」

 

「え、あ、はい、実は・・・」

「彼氏さんが忙しいとか?
 おっと、こりゃ図星だね。
 でも、私の経験上、心配しすぎなくて良いよ。案外うまくいくように出来てるから。」

 

「と言うと?」

「結婚式ってのはね、そもそもとても大変な行事なの。
 職場の上司や友達、それに親戚とか、たくさんの人を呼んで、お料理出して、スピーチ頼んで、
 ちょっとした感謝祭でも開くぐらいの事をやるわけだから。
 普通なら何人もの人が協力して作り上げるイベントを二人でやろうっていうんだからね。
 大変で当然。」

 

「はぁ。なるほど。」

「だからね、一人で抱え込まず。
 ほら、式場の担当の方、いるでしょ?」

 

「はい。」

「その人にいっぱい頼っちゃいなさい。その為にいるんだから。
 分からないこと、不安なことは全部聞く。
 当日はさ、式場の人が本当にいい式になるようにうまくやってくれるから。」

 

「そうなんですか。。。」

「私の経験上ね。」

 

「え!主任ってご結婚されてるんですか?」

「No。 元ウェディングプランナー(笑)」

 

そのあと主任からウェディングプランナー時代のお話を聞かせてもらい、私の心は焦りからかなり開放された。

 

不安は無いわけではないが、なんだか大丈夫そうな気がしてきた。

あ、彼からメール。

え、明日の衣装合わせ、行けれそう?

都合つけてくれたんだね。

自分ひとりで悩んでないで、ちゃんと周りを見なきゃだね。

 

ご来賓の皆さんに喜んでもらえる、良い式にしよう。

 

 

こんにちは、ウェルカムボードを編み物で作成しています、あみものあ~とです。

ウェルカムボード、新婦さんの笑顔

結婚式のウェルカムボード 編み物で出来てます☆

商品の詳細はこちら

皆さんはちゃんと親孝行していますか?

親孝行をしたい時には親はなしと言いますが、また今度といつも思っているうちにその機会をなくしてしまっているのかもしれません。

早速今日からでも良いでしょう。いつもありがとうと一言伝えるだけでも良いでしょう。

何かの形で気持ちを伝えられると良いですね☆

 

本日は結婚を控えた女性の、親孝行のお話をしてみたいと思います。

あみものあ~とのウェディング物語り、始まり始まり。。。

 

ウェディングストーリー

 

結婚を来月に控え、母から色々な話を聞くようになりました。

母がお父さんと結婚したときの事やお父さんと出合った頃の事、そして私たちが生まれたときの事。

幸せな家族の中で、私はたくさんの愛に包まれて育てられたのだなぁと感じました。

 

「あなた達の式まであと少しね。」

「お母さん、なぁに?もしかして泣いちゃう?」

 

「さ~ね、泣いちゃうかもね。」

「何よもう。でもお父さんは泣くかなぁ?」

 

「あんな顔して、絶対泣くよアレは。」

「ねぇ、今度みんなでさ、ご飯食べに行こうよ。
 独身最後の親孝行、私がご馳走するからさ。」

 

そんな流れで両親を食事に誘うことにしました。

独身最後の親孝行とは少し大げさかもしれませんが、どれだけたくさん親孝行してもまだ足りないと思うこの頃。出来ることは今のうちにしていきたいと思うし、伝えたい感謝の気持ちも一日一つでも伝えたいと思います。

 

親孝行と言っても何をして良いのか分からず、ただ食事に行くだけですが、それでもやはり母はちゃんと受け止めてくれる。

 

私の希望ではお寿司を食べに行きたかったが、もし何かに当たってはいけないと、生ものはやめておこうと言うことになりました。

みなでよく通ったレストラン。

特にこれと言って特徴も無い普通のレストランですが、私たち家族にとっては小さい頃から時々来ていた、思い出の詰まったレストランです。

 

「ココでさ、あんたが小さいとき・・・、お母さん恥ずかしかったよ。」

「もー、その話は良いから~。」

 

「何だ?何の話だ?」

「お父さん、あれよ、この子が『こんな美味しいもの初めて食べた』って、大きな声で・・・」

 

家族3人の良い想い出だ。

私もなんとなく覚えてる。

 

初めて食べたフライドポテト。

あまりの美味しさに叫んだ私。

どうせならもっと高級なメニューで叫べばよかった(苦笑)

 

父にも母にも、ここまで育ててくれたことに感謝してる。

あと1ヶ月でお嫁に行きます。

もう少しだけ二人の娘でいさせてください。

 

 

 

 

あみものあ~とへお越し頂きありがとうございます。

当店ではお写真を元にしてオリジナルプレゼントを作成しています。

売った車やバイクの思い出の品

編み物で出来たオリジナルプレゼントです。

ひざ掛けとして、インテリアとしてご利用いただけます。

商品の詳細はこちら

 

お写真そっくりに編み物で作ったオリジナル商品を作成しています。

車やバイク好きの方に、記念の一枚をプレゼントしてみませんか☆

バイク、オリジナルプレゼント

バイク、愛車の写真で作ったオリジナルブランケット

商品の詳細はこちら

 

皆さんこんにちは、ウェルカムボードを編み物で作成しています、あみものあ~との三浅です。

今日は結婚式の予算についてお話ししてみたいと思います。

ウェルカムボード,フラワーシャワー

編み物でできたウェルカムボード

商品の詳細はこちら

編み物でウェルカムボードを作成しております、『あみものあ~と』の三浅です。

今日も結婚式でご利用になられるウェルカムボードやプレゼント用のひざ掛けの作成に励んでおります^^

 

海の見える丘でオーシャンビューウェディングに憧れる方もいらっしゃると思います。

私も海がとても好きで、海の見える丘で一生の思い出を作ることには大賛成^^☆

今回はオーシャンビューの結婚式のお話です。

 

結婚式のウェルカムボードを編み物で作成する、ちょっと変わったお店、『あみものあ~と』です。

結婚式の準備って何かと大変ですよね。初めての経験だし、人がたくさん集まるし、何をしたら良いのか分からないし。

そんな時は悩まずに回りの方に相談しましょう。先輩、ご家族、そして式場スタッフさん。一人で悩まないでね♪

 

本日は結婚式にまつわるお話をご紹介。

スピーチは誰に頼もうか、悩みますよね^^

 

結婚式のウェルカムボードを作成しておりますと、あちらこちらから最近の結婚式事情をお伺いすることがあります。

本日はそんな日々にお聞きする結婚式事情についてのお話です。

 

ウェルカムボードの作成をしていると、ご注文者様と新郎新婦のお名前が違っている場合があります。

お客様の中にはご注文の際にお話をしてくださる方もいらっしゃって、友達の結婚祝いにウェルカムボードをプレゼントすることになったとの事。

本来は招待される側であるご友人ですが、こうやって新郎新婦の為に披露宴の演出のお手伝いをされるのって、とても嬉しい事ですね。

本日はそんな友人同士のお話をさせて頂こうと思います。

皆さんこんにちは、編み物でウェルカムボードを作る『あみものあ~と』の三浅です。

この度はご覧頂きありがとうございます。

ここ数年、お金をなるべくかけずに結婚式をあげる地味婚カップルが増えているというお話しを良く聞きます。今日は営業先からお伺いしたそんなお話をしてみたいと思います。

本日は結婚式でどんな曲を流せば良いか、どんな曲が人気があるのか悩める二人の会話を聞いてみましょう。

皆さんもすてきな曲に出会えると良いですね♪

本日は結婚式の準備に追われる、ある女性のお話です。

結婚前は準備することも多く、気持ちも焦るし大変な事も多いと思いますが、身近な人に相談し、方の力を抜いて頑張っていきましょうね。

ガラス越しのウェルカムボード

こちらは先日ご紹介させて頂いたお客様のウェルカムボードです。

ウェルカムボードの詳細はこちら

 

結婚式では私も後ろの方でお邪魔させていただき、写真も撮ってきました。

結婚式の様子

とても感動的な結婚式でした。

挙式の様子はこちらからご覧下さい

 

さて、皆さんは結婚式が終わった後、ウェルカムボードはどうしているのでしょうか?

小さなものであれば玄関などに飾っても良いと思いますが、いかにも結婚式という感じの漂うものであればリビングや寝室等に飾る方が多いと思います。

何年経ってもこの日の感動を忘れないよう、ずっと飾るのも良いですし、普段は大切にしまっておいて結婚記念日などの特別な日にだけ出して飾ると言うのもいいかもしれませんね!

 

当店のウェルカムボードは油絵や水彩画で使われるキャンバスボード(木製の木枠ボード)に貼り付けたものになりますので、同じ大きさの額縁を画材店などでご購入頂き、お部屋に飾ることが出来ます。

 

額縁に入れてしまっては折角の編み物の質感が楽しめない!という方は、もちろんそのまま飾ってもok!

ウェルカムボード使用後はインテリアとして

こちらはお部屋に飾った一例です。

ローボードに乗せて飾っていますが、もちろん壁に掛けても良いと思います。

 

サイズはF15というサイズで、約65.2センチx53.0センチになります。

 

ちなみに私はこのボードに愛犬の写真で作った編地を貼り付けて飾っています。

その様子はこちらをご覧下さい

 

その他、結婚式や披露宴では記念のものが残ると思います。

当日の写真はもちろん、キャンドルサービスで使ったろうそくであったり、当日のお花をドライフラワーにしていらっしゃる方もおられるかもしれませんね!

結婚記念日などにそれらの記念のものをインテリアとして飾り、お部屋の雰囲気作りをしてみてはいかがでしょうか。

 

いつまでも思い出を大切にし、幸せなご家庭を築いてください☆

 

商品の詳細はこちら 

ウェルカムボード

編み物で出来たウェルカムボード

詳細はこちら

 

今回はウェルカムボードのご紹介です。

いつものようにお客様との対話形式でご紹介させて頂きます☆

皆さんこんにちは、ニットのウェルカムボードを作成しています、『あみものあ~と』の三浅です。

2013年9月29日、海の見える鳥取県琴浦町の結婚式場で2組のカップルが結婚式を挙げられました。

誠におめでとうございます。

その結婚式でのカップルのウェルカムボードを作らせて頂きましたのでご報告です。

2013年9月29日、鳥取県琴浦町の鳴り石の浜で行われました結婚式の様子をご紹介させて頂きます。

こちらのカップルのウェルカムボードを当店で作成させて頂きました☆

エントランス

エントランスにこのように飾って下さいました。

バルーンで作ったゲートがかわいらしくてとてもステキですね☆

 

ウェルカムボード,エントランス

場所は鳥取県の琴浦町、鳴り石の浜。

エントランスでご来賓のお客様をお迎えするウェルカムボード。

ご来場の方が珍しそうに眺めてみたり、写真を撮ったりされていて、私も嬉しかったです。

編み物の作品

編み物で出来たウェルカムボードです。

4色の糸を編んで作っています。

珍しいボードをお探しの方にはお勧めですよ♪

手作りのウェルカムボード

こちらは新郎新婦さんの手作りでしょうか、こんな素敵なウェルカムボードも飾ってありました。

さすがにこの作品には当店のウェルカムボードも勝てません^^;;

海も空も青くてとっても奇麗でしたよ☆

 

ウェルカムボード記念撮影

こちらは全員揃って記念撮影の時のご様子です。

当店のウェルカムボードも一緒に飾ってくださいました。

新郎新婦さん、掲載にご協力頂きました。ありがとうございます。

 

それではお待ちかね、結婚式のご様子をご紹介^^

ヴァージンロード

お父さまにエスコートされて、ヴァージンロードを歩く新婦さん。

その先に待つのは新郎さん。

涙の瞬間です。

指輪の交換

指輪の交換。

とてもステキでした。

式は順調に進み、誓いのキスへ。。。

誓いのキッス

キッスは恥ずかしいのでカメラマンのお兄さんをメインに撮ってみました^^

カメラマンは相沢スタジオの相澤さんです。http://www.aizawastudio.com/

 

フィナーレ

フィナーレも感動的でした。

海の見えるテラスでの結婚式、とっても奇麗でした。

誠におめでとうございます☆

青い空、青い海に純白のドレスがよりいっそう映えていました。

皆さまもこの海の見える結婚式場で結婚式を挙げてみませんか?

場所は鳥取県琴浦町。

お問合せはハッピーラッシュさん

http://happyrush.com/

 

そしてウェルカムボードは是非『あみものあ~と』へお問合せ下さい^^☆

編み物のウェルカムボード

商品の詳細はこちら

結婚式、披露宴の最後に読まれる新婦さんのお手紙。披露宴での一番の泣かせどころですね。

その時にお手紙と一緒に感謝のプレゼントをお父さんお母さんへ贈られる方も多いと思います。

それは花束であったり、体重ベアであったり、そして当店で作成させて頂いている新郎新婦さんのオリジナルひざ掛けであったり☆

結婚式披露宴でのプレゼント

こちらは当店で作成させて頂いております、新婦さんのお写真で作るサンクスボードならぬ、サンクスブランケットです。

新婦さんの幼少の頃のお写真をお送り頂き、それをもとにひざ掛け(ブランケット)を作成させて頂きます。

 

グレーの編地

糸と編地

しかもこちらの作品、印刷ではなく編み物で出来ております。

サイズは約85センチx60センチで、披露宴会場で広げてみても会場の皆さんにご覧頂ける大きさで、ご来賓の方々から『おぉ~!』と歓声が上がるのだそうです。

 

新婦さんのお手紙の中には、そのご家族の背景が垣間見えます。大切にされて育てられた事、旅行に行った思い出の出来事、そして今日まで育ててくれた感謝の気持ち等など。。。私も娘を授かってからというもの、自分の親への感謝の気持ちが大きくなりました。

 

また当店では地元地域のウェディングプロジェクトにも参加させて頂いております。

地域活性と、『地元で挙式を挙げたい』『海の見えるテラスで披露宴をしたい』という新郎新婦のために鳥取県琴浦町の皆さまが立ち上げた琴浦ウェディングプロジェクトへ参加させて頂き、こちらのブランケットも取り扱って頂いています。

新郎新婦はもちろん、プレゼントとして受け取られたご両親にも喜んで頂けるよう、作品作りに励んで参ります。

やはり私たちの作品は『作っておしまい』ではありません。プレゼントですので贈った相手の方(おとうさんおかあさん)に喜んで頂けて、感動して頂けて、そこで初めて作品に価値が生まれます。

その感動の場を私たちが実際に拝見する事はありませんが、それこそ娘を嫁に出す親の気持ちではないですが、作品をお客様へ届ける作り手の気持ちとしてはちゃんと喜んで頂けるよう誠意を尽くすのみであります。

 

感動と共にステキな未来が新郎新婦、そしてご両家に訪れますよう、心よりお祈り致しております。

 

ひざ掛けの詳細はこちら

皆さんこんにちは、『あみものあ~と』の三浅です。

ウェルカムボードを編み物で作成している当店ですが、この程、琴浦ウェディングプロジェクトさんの企画に参加させていただくことになりました。

これはことうらウエディングプラン『海への誓い』の完成記念!といいまして、鳴り石の浜で知られる鳥取県琴浦町のウェディングプロジェクトの活動の一環で、地元企業さんが集まって本物の挙式を地元で挙げようというものです。

場所はこちら、鳥取県琴浦町の鳴り石の浜です。

琴浦鳴り石の浜のテラス

こちらのテラス、何と地元の皆さんの手作りです!

色々な企業さんが集まって(本職さん含)完成されたそうです。

ウェディングエステのハッピーラッシュさんがプロジェクトリーダーとなり、海の見えるテラスで結婚式wお挙げたい方、地元で挙式を挙げたい方、格安で結婚式をしたい方などのために琴浦ウェディングプロジェクトを立ち上げて活動されていらっしゃいます。(お問合せはハッピーラッシュさんまで)。

 

そこで、ウェルカムボードを作成している当店も参加協力させていただくことになりました。

編み物で出来たウェルカムボードは珍しいという事で作成依頼をお受けすることも多いのですが、お問合せを頂いてもご紹介できる作品例が少ないので困っておりました。

そこ今回、琴浦で挙式を挙げられるカップルにお願いし、ウェルカムボードを作成させて頂き、当サイトで結婚式のご様子や作品をご紹介させて頂きたいとお願いしたところ快く了承して頂いたという次第です。

 

どんな作品が仕上がるか、そしてどんな結婚式になるか、当日撮影に行って参りますので皆さんお楽しみにお待ち下さい。

今回ご休力頂いた方の挙式は2013年9月29日(日)、場所は琴浦町鳴り石の浜、ことうらウエディングプラン【海への誓い】。地中海を思わせるオーシャンビューのテラスです。

ココまでプロジェクトが順調に進んでいるのも協力企業の皆さまのおかげ、ココで挙式を挙げたいと思ってくださる新郎新婦のおかげ、このプロジェクトを立ち上げられた街の皆さまのおかげです。

当店も微力ながら頑張りますのでよろしくお願い致します!

ウェルカムボードの詳細はこちら

ウェルカムボード

編み物のウェルカムボード