電車やバスの運転手、鉄道好きな人へのプレゼント、退職祝いなど

電車やバス、トラックなどの運転手の方へのプレゼントに使われている例をご紹介します。

鉄道写真オリジナルグッズ

新幹線のお写真で作ったオリジナルのひざ掛けです。

「自分の撮った写真で作るひざ掛け」として販売を始めた物ですが、プレゼントやお祝いの品としてご利用頂いています。

乗り物のお写真でご依頼頂く場合は、特に退職祝いに使われることが多いようです。

白とベージュの2色の糸で作成

白とベージュの2色の糸で編んでいます。

もっと近寄ってみましょう。

編み物で作成

編み物で出来ているのが分かるでしょうか?

写真で作るオリジナルのひざ掛け。

詳細はこちら

運転手さんへのプレゼント

乗り物で依頼される場合は、2通りの使われ方があるようです。

まずはその一つ目、運転手さんへのプレゼントに使われる例をご紹介します。

退職祝いや退職祝い

列車やバスなどの運転を仕事にしていた人への退職祝いがもっとも多いです。

長距離トラックの方へ長年乗ってきたトラックの写真で作ったり、バスの写真での注文が多いです。

昔は荷台に豪華な絵が描かれたトラックたくさん走っていましたが、最近では企業のロゴマークが多いですね。今でも時々デコレーショントラックの写真での注文もあります。

バスの写真でご注文いただく時は、ナンバープレートの数字をデザインされる事があります。

おそらく会社には同じタイプのバスがたくさんあり、その中で自分のバスを外見で見分けるのはナンバーが一般的なのかもしれません。

会社の名前やロゴマークを入れることも可能。

運転手さんはご自身も車好きである事も多く、愛車とバスを合成してプレミアム版にされるお客様もいらっしゃいます。

バスのお写真で作成すると、非常に迫力のある作品が出来ます。

長年運転してきたバス、それは仕事で使うものと言うより、もはや愛車、パートナーと言ってもいい存在なのでしょうね。

私の自宅の近所でも数年前に運転手を退職された方がいらっしゃいます。

もう70才を過ぎていますがつい数年前まで現役の運転手さんでした。

地域の役員を一緒にさせて頂いたので色々お話をうかがっていたのですが、遠方への長距離運転もされていて、大変なお仕事だと思いました。

運転勤務の前日は、地域の飲み会がお酒は飲まれませんでしたし、体調管理も気を使っておられて、プロ意識を感じました。

民間のバス会社でしたが、退職後は町営のバスの運転手をされています。

長距離運転はなくなりましたが、今でも街を走るバスを見るとたまに運転されているのを拝見しますので、その時は挨拶しています。

町営バスはスクールバスとしても使われることがありますので、子供さんたちの笑顔を見ながら仕事をされていらっしゃるかもしれませんね。

バスだけではなく会社の名前やロゴを入れたり、お贈り先様のお名前を入れたるすることも出来ます。

デザイン等でご要望がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

鉄道や飛行機が好きな人へ贈るケース

乗り物の写真で注文頂く第2のケースが、鉄道やバス、そして飛行機など乗り物が好きな人へのプレゼントです。

特に写真が好きな人が多く、とても綺麗な写真で作成されるという特徴があります。

また、昔の写真で作ることもあり、その場合は綺麗にできないこともあるのですが今は見ることの出来ない貴重な鉄道風景を作品にする事でとても喜ばれるようです。