自分の誕生日 親に感謝のプレゼント/生んでくれたお礼

あみものあ~とへお越し頂きありがとうございます。

ここでは自分の誕生日に、生んでくれたお母さんやお父さんへのプレゼントに利用下さったお客様をご紹介します。

あみものあ~と

こちらはその一例で、家族の写真で作るオリジナルグッズです。

特に改まって何かプレゼントを贈るというよりは、家族の思い出の写真を使って記念品を作り、会話を盛り上げる使い方をされるようです。

家族を大切にする人へのプレゼント

こちらはご自身が生まれたときの写真で作った例です。

我が子の誕生は、親にとっては忘れることの出来ない瞬間ですね!

商品の詳細はこちら

その他、家族旅行の写真やペットの写真での作成依頼が多いです。

自分の誕生日に贈る親へのプレゼント

自分の誕生日に親にプレゼントを贈る方が多いのは私も驚いています。私も親に簡単なプレゼントを贈っていますが、自分が贈るようになったのは40歳ごろからでした。最初は恥ずかしかったのですが、同じ考えの人が多いと知って少し安心しています。

親に感謝するようになったきっかけ

私には親に感謝するようになったきっかけがありました。私は大人しく生きてきた方だと思いますが、過去に2度ほど大きな病気をしました。その時に親には心配をかけてきたと思います。特に母は心配性で今でも私の体を気遣ってくれます。

そして私も二人の子供を授かり、命について考えることが多くなりました。ちょうどその頃から自分もこうやって母から生まれてきたんだなと思うようになり、親やご先祖様に対する感謝の気持ちが大きくなってきています。

自分の子供が生きているのは私たちの親やご先祖様のおかげです。

自分の命を生んでくれた母へ、私は自分の誕生日にプレゼントを贈るようになりました。

私が贈っている感謝のプレゼント

私の誕生日は5月。毎年母の日が近いこともあり、母の日のプレゼントと一緒に2つ渡します。主にケーキやスイーツ、または花などですが、毎年続けていると、一言『生んでくれたお礼に』と付け加えるのも抵抗無く言えるようになって来ました。

自分の誕生日に親に贈った物

こちらは私が今年の誕生日に母に贈ったスイーツ、deepcubeです。

キューブ型のチーズケーキ。ネットでたまに注文する新潟のスーツ屋さんナカシマさんです。

なんでも、コンテストで優勝したスイーツだとか。。。

これは私も一袋頂きました。

いつ頃からでしょうか、我が家では自分の誕生日には自分でケーキを買ってくるようになりました。お店でショートケーキを買うときは家族の人数分プラスアルファ買ってきます。

母へ贈ったケーキ

毎年あちらこちらのお店で買っていると、美味しいケーキ屋さんはどこが良いか分かって来ます。新しいお店が出来ると必ずチェックしに行きます^^

感謝の手紙も書いてみよう

私は親と一緒に仕事をしているのでほぼ毎日顔を合わせています。その為ありがとうと言えるタイミングはたくさんあります。しかし遠方に住んでいる場合は気持ちを伝える機会は少ないでしょう。そこで感謝の手紙を書くのもお勧めです。

親への感謝の手紙

このように商品に手紙を添えることも出来ます。

自分の誕生日、親孝行しやすいタイミング

親孝行しなきゃと思いつつ、いつどのようにしたら良いのか案外分からないものです。

私は普段から「ありがとう」という言葉を使うように心がけていますが、もっと何か出来ることを探して行きたいと思っています。

お父さん、お母さんのお誕生日以外にも親孝行をしやすいタイミングがあると思います。

それが自分の誕生日。

私は自分の子供が生まれた時、自分の両親と相手の両親に感謝の気持ちがわきました。

みんながいてこそ、この子が生まれることが出来たのですから。

今では、自分の誕生日には親にプレゼントを贈っています。

プレゼントと言ってもたいしたことではなく、ちょっとスイーツを買ってくるとか、ありきたりなものなのですが、一言ありがとうと伝えるようにしています。

子供さんがいらっしゃる方なら分かるかもしれませんが、自分の子供にそんな事を言われるとやはり嬉しいだろうなぁと思います。

私の子はまだ小さいのでその感情はないかもしれませんが・・・^^

いつもありがとう、生んでくれてありがとう、これらは普段はなかなかいえる言葉ではないかもしれませんが、一度言うと次からは楽に言えるようになります。

ふと思うと、私の母はよく「ありがと」と言います。

たいしたことはしていなくても。

また、私も子供に対しては気負わずにありがとうと言えます。

不思議ですね。心を込めて言えるのです。

まだ小さいから、おままごとをしている時のような口調です(笑)

離れて暮らす方は何か送ると良いかもしれませんね。

お花でも、食べるものでも、手紙でも。

また、ちょっと電話して声を聞くのもよいかもしれません。

今度の夏には帰るから。

そんな会話だけでも喜んでもらえると思います。

自分の誕生日、何をする?

ところで皆さんは自分の誕生日はどのように過ごしていますか?

お友達や恋人、家族にお祝いしてもらう人。

自分で自分にプレゼントを買う人。

中には親に感謝をするという人もいるでしょう。

私は、もしかしたらその全部かな^^

友達からのプレゼント

恋人はいませんが、SNSで友達からお祝いしてもらっています。

誕生日を公開していないので、お祝いしてくれるのは私の誕生日を知っている数名の友達のみ。

でも、会ったこともない人からプレゼントをもらったこともありますよ。

その人とはその後、年に数回会う仲良しさんになりました。

後になって知ったのですが、その時もらったものはなんと15,000円もする品物でした。

もらった瞬間にタダモノではない、とても良いものをもらったと思っていたのですが、お値段を聞いてびっくり、と言うより納得したものです。

その人の誕生日も近かったので(10日後でした)、プレゼントではちょっと良いものを送ってみました。

金額的には1,000円くらいで収まりましたが、絶対お金では買えないもので、とっても喜んで頂けました^^

自分にプレゼント

自分で自分にプレゼントを買うこともあります。

欲しいものがあり、でもちょっと贅沢かなぁと思うものを買うときには、何か言い訳をつけて自分にプレゼントだと思って買います。

そういう時、誕生日は絶好の口実になるんです^^

自分への誕生日プレゼント。自己愛の表れ♪

皆さんも自分を大切にして、自分を愛してあげましょうね☆

親への感謝

忘れてはならないのが、親への感謝。

皆さんは何歳になりましたか?

その何年前、自分が生まれた瞬間、きっとお母さんは今までで一番の幸せを感じたことでしょう。

そして親や家族、みんなが私たちを一生懸命育ててくれました。

誕生日は改めてその感謝をする日でもあります。

私の誕生日は母の日が近いこともあり、母の日と兼ねてプレゼントを贈ることが多いのですが、やっぱりちょっと照れるけれど、感謝を何かの形で表すと喜んでくれるようです。

自分では恥ずかしいけれど、親は案外素直に喜んでくれるんですよね。

これも愛の深さでしょうか。

さて、今年の誕生日、何を買うかはまだ決めていません。

欲しいものはそのつど買ってしまう私。

改めて何かを買おうとするのではなく、欲しいものが出来たときに「これは自分への誕生日プレゼントだ」として、後日欲しいものが出来たときに「今年は買わなかったから今買おう」と思うようにしましょう。

ゴールデンウィークで色々なところに行き、お金をたくさん使ったので誕生日は少し節約しようかな^^;;