2012年10月アーカイブ

皆さんこんにちは(こんばんは)
最近ブログ名を変えようかと考えている誕生日プレゼント工場です。

名前長いしね。
人にブログ名を聞かれたとき言いにくいしね。

先日のオリオン座流星群、皆さんの地域では見られましたか?
我らが鳥取県、快晴に恵まれて満天の星空を堪能して参りました。

火球というのでしょうか、とても大きな流れ星を2つほどと、普通サイズの流れ星を四つ五つほど見ました。
方向が違ってて写真には写っていなかったけど、素敵な夜でした。


121025-01.jpg

30分間という時間を1枚の写真で見る。
カメラって魔法の小箱みたい^^

星達が動いています。
30分でこれだけ地球が動いているんですね。

長時間露光もちゃんと気合を入れて撮ってみようかなと思います。
なんか、写真ガサガサしてるでしょ。

今夜も天気良さそうですが、今は月が出ているので星の撮影には向きません。
でもそういう時は秋のお月様を撮ると楽しいよ♪


月とコスモス
月とコスモス。
コスモスもそろそろ終わりかな。
最近急に寒くなりました。


鳥取砂丘も行きたいですが、
でも、夜の砂丘って、実は結構怖いから^^


月の~ さばくを~
 とぼ~とぼと~

またバディーを見つけなきゃ☆






『ピ~ン ポ~ン パ~ン ポ~ン ♪

 本日の放送は ○ックリ○○クルについてのお願い・・・』

 

毎日朝と晩の2回、わが町では町内放送が流れます。

いわゆる防災無線です。

 

昨夜もいつものように放送が流れると・・・

母 『な~、今、ビックリシャックリって言わんかった?』

笑う妹

母 『ビックリシャックリと古本だって?』

笑う妹

 

 

その頃、私はと言えば星が出ているかどうか空を見上げる時間です。

昨日は母もお疲れ気味で、私がお皿を洗いつつ窓にあたる雨粒の音を聞きながら

『あぁ、今夜も雨か』

と、しっとりとした気持ちで台所に立っていました。

(お手伝い好きと言うより、私は飲食店でバイト経験があり、皿洗いは嫌いじゃないんです)

 

『ご不要になった絵本、小説、辞書などがありましたら図書館へ・・・』

町内放送は続きます。

 

栗の皮むきが途中で置いてあったので、私もいくつか皮をむいておきました。

新聞紙の中に散らばった栗の皮を片付けている頃、ビックリシャックリの町内放送も終わります。

 

『ご不要の本を図書館へ・・・ご協力お願い致します。

以上でブックリサイクルのご連絡を終わります。』

 

お母さん、分かった?

ビックリシャックリじゃなくてブックリサイクルだよ。

121024-01.jpg

そんな家族を今夜もオリオン座が見守ってくれています。

 

神社へ

| コメント(20)

神社へ行って来ました。

思えば何ヶ月ぶりでしょう。

以前は毎週のように行っていたのですが・・・

夏の暑さでバテてたしね(笑)

 

121022-01.jpg

地元の大きな神社です。

とても沢山の方がいらっしゃいました。

聞いてみると、この日は七五三にお宮参り、そして結婚式まで行われるとか。

オマケに少年野球の子たちが練習で階段を駆け上がっていました。

空は快晴、秋の心地よい風。皆さん良かったですね^^

そんな訳であちこち写真は撮れず、やっとの思いでこの一枚。

灯篭

灯篭の横を通ろう♪

 

サラッと流して次の写真。

転がらない石

転がらない石。

こういう写真を上手に撮れるようになりたいなぁと思っています。

風情あり、ちょっと寂しさあり、季節感あり、時の流れを感じられる写真。

憧れるな~。

 

転がる石に苔むさずと言いますが、意味が二つあるそうですね。

・動いてばかりいれば苔(実り)が付かない。

・よく動く(働く)人は苔(病気など)が寄り付かない。

どっちが良いのやら。

その人次第、その場次第で意味もとらえ方も変わってくるのでしょうかね。

 

同じ写真を見ても、心が動かされる時、そうでない時があります。

常に何かに感動し、感心を持っていることは確かに素晴らしい。

でもそれが出来ない時もある。

無理せず、足元を見つめ、自分のペースを守っていきたいですね。

 

そうすればまたいつか元気な時が来るさ~♪

 

 

このところミスが続き、とうとう大きな失敗をしてしまいました。

落ち込んでいても仕方が無い。頭を切替えなければ。

分かっていますが、なかなかそれが出来ない。

 

気持ちを変えよと、雨滝に行って来ました。

滝には不動明王様が祀ってあります。

手を合わせ、私がもうミスしないようにとお願いしました。

 

いつものように桂の木に手を当てますが、今日は会話が出来ない。

 

暗い気持ちの中、滝のしぶきをあび、

いつもより長い時間滝の音を聞いていました。

 

帰りにまた不動明王様に手を合わせました。

『もうミスしないよう、気をつけます。これからは前を向いて世の為人の為に頑張ります』

 

行き はただの神頼みだった自分の気持ちが、帰りには前向きな決意に変わっていました。

自分でも驚きでした。

 

 

果ての無い過去を悔やむより、明日を生きよ。

そんな言葉を思い出しました。

 

今回は自分が受け入れてすむ話しではないですが、お詫びをし、再発防止策を取り、明日からまた頑張ることです。

 

 

ここまで書いて、タイトルに『頑張って生きるブログ』と書きました。

 

私がブログを書く理由をずっと考えています。

今までは皆さんが読んで面白い内容、またコメントしやすい内容を心がけてきましたが、出来ているでしょうか。

今後はそれを継続しながら、私は新たな趣旨でブログを書こうとしています。

それが皆さんに届けば幸いです。

 

 

121021-01.jpg

自然はいいですね。

いつも、あるがままです。

皆さんこんにちは。

静かな夜は、星を見よう。

元気な夜は、星を見よう。

疲れた夜は、ちょっとだけ星を見て早く寝よう。

 

昨日は早めに寝ました。

 

元気な時に見た星の写真です。

星の写真

ここはとある公園、野外ステージ。

真っ暗です。30秒シャッター開いてもステージが暗くしか写りません。

星たちと秋の虫たちがコンサートを開いていました。

虫の声に混じって鹿の歓声も飛び交います。

星はきれいだけど、やっぱり夜はちょっと怖い^^;;

 

121020-02.jpg

野外ステージ別角度から撮影。

天の川も写ってくれました。

 

121020-03.jpg

疲れたときこそ星を見たいのですが、そういう時は動けないので薬を飲んで早めに寝ます。

 

1日1歩、3日で3歩。

3歩進んで2歩下がる。

そしたら3日で1歩進めてるじゃないか。

 

今夜(明日21日の朝)はオリオン座付近で流星群が見られるかもしれないそうですね。

皆さんの町で晴れますように☆

 

 

星探し

| コメント(12)

皆さんこんにちは(こんばんは)

昨日の続きでアンドロメダを探します。

場所は調べてあるので大体の位置は分かるのですが。。。

121019-01.jpg

この写真のどこかに写っているのですが、さっぱり分かりません^^

聞くところによると、肉眼でも見られるそうです。

また、調べるところによると、満月よりも大きいとか。

どう言うことー?私だけには見えないの?

まるで裸の王様(笑)

 

意味がさっぱり分からず、色々調べます。

すると、肉眼でかすかに見えるときがあるらしい。

満月より大きくみえるが、元々とても淡いのでとても見つけ辛い。

望遠鏡、双眼鏡などでみても淡いままなので感動は薄い。

そして、赤道儀を使って長時間露光で星を追尾しながら300mmくらいの望遠レンズで撮ると満月よりも大きな銀河が写る!

と言うものらいい。

うん、納得。

 

写真をもう一度見直して、何枚かみてみると、ありました。

アンドロメダ銀河(だと思う)。

121018-03.jpg

16mm魚眼で撮った写真に写っていました。

よし、いつか赤道儀使って、望遠レンズで撮ってこのブログでアップするのだ^^!

 

星の写真を撮り始めた頃は天体(銀河や星雲など)を撮るなんて夢の話でした。

だんだん様子がわかってくるとやっぱり撮りたくなるものですね^^

 

悩みもあり、遠回りもしますが、肩の力を抜き、焦らず地道に努力していけばちゃんと道は出来てくる。そう感じるこの頃です。その為にも自分のビジョンはしっかり持って、それを見失わずに行きたいと思います。

 

そうは言ってもいつも失敗ばかりだけどね(笑)

 

 

 

皆さんこんばんは(こんにちは)。

私は何の為に働いているのか、私の仕事(使命)は何なのか、考えるこの頃、1つの考えにたどり着きつつあります。

が、難しい事を考えすぎるのが私のよくないところ。

こういうときは星を見て心をリフレッシュです。

 

さて、真っ暗闇のアストロパークの続きです。

121018-00.jpg

満天の星空です。

写真左側が南の空、右側が北の空です。

この写真は、まず三脚を一番低く設置させ、レリーズをもってカメラから離れ、低い姿勢を保ちつつシャッターを切るという、ちょっぴり滑稽な撮りかたをします。

そうしないと自分の頭が入ってしまう^^

そして誰もいないから出来ること。誰かがいたらその人が写ってしまいます。

 

このお空にちょっとお絵かきしてみましょう♪

夜空のお絵かき

おぉ~、実はこんなに賑やかい^^

分かる範囲で書きました。魚眼で空間が歪んでいるので間違えているところもあるかもしれません。

あと、星がいっぱいあって探すのが難しいです。

 

ここの天文台には、地面のタイルにはくちょう座の絵が描いてあります。

はくちょう座と白鳥の絵

はくちょう座と地面のはくちょうの絵のコラボです。

大空を舞うはくちょう座、どれだか分かりますか^^?

写真をブログ用に縮小しているので探しづらいですね。

 

さて、私はこのあとアンドロメダ銀河を探します。

 

星探しは自分探しに似ていると思います。

ちゃんと視界には入っているのですが、最初はどれだか分かりません。

一度分かれば次からはすぐに見つけられます。

 

答えはもう自分の視野には入っている。

ただ、まだ気が付いていないだけ。。。

 

 

皆さんこんばんは(こんにちは)。

この数日、夜の好天が続きまして、久しぶりに夜な夜な出かける日々が続いています^^

前回のブログでちょっと触れました、スバルの撮影。

こんな感じで出ています。

121017-01.jpg

プレアデス星団、通称スバル。

 

昨日、スバル撮ったって書いたら、尊敬するまりこ先生が、『スバルの星を何個見られるか』っておっしゃってました。皆さん何個見えますか?ちなみに私は5つくらいは見えますが、これはきっと町が暗いからだと思います^^

 

 

さて、この写真、ネットの検索で調べた他のスバルの写真と何かが違うぞ!と言う皆さん、ゴメンナサイ。

装備が違います^^;;

 

30秒流してみましょう。

121017-02.jpg

星がだいぶ流れてます。

望遠で撮っているので30秒シャッター開けただけでもかなり星が動きます。

 

こういうときの為に、星を追いかけてカメラの向きを動かす道具があるのです!

名をば、赤道儀(せきどうぎ) と なむ言いける

 

こいつを使うとね、アンドロメダ銀河や馬頭星雲なんかも撮れるんだって。

望遠鏡がいるのかと思ったら、300ミリの望遠レンズがあれば充分撮れるんだって。

それなら赤道儀、欲しくなるってもんでしょう^^

 

早速アストロパークに相談しに行くと色々教えて頂きました。

昨夜、さらに詳しく聞きに行くと・・・なんと!・・・
キューカンチョー、じゃなかった、キューカンビー(休館日)^^;;

 

これは残念。

がっくりしている私に誰かがささやきかける。

何?だれ?

ふと空を見上げると・・・

天文台と天の川

なんじゃこりゃ~~~(☆o☆)

いつも暗くしてありますが、普段は足元にかすかな灯りがついてます。

でもこの日はそれさえ無く、館内の明かりも無く、文字通り真っ暗闇の中。

普段は見られない光景をみることが出来ました。

しかも快晴。星空独り占めです。

あぁ、誰かに教えてあげたいな。誰かに見せてあげたいな。

でもだーれもいません^^

 

星空シリーズしばらく続きます。

ゴメンネゴメンネ~☆

 

 

 

皆さんこんばんは(こんにちは)

今宵も当駅をご利用頂き誠にありがとうございます。

 

なんて、懐かしいフレーズですが、しばらく天気が悪かった鳥取県地方、この数日はよく晴れてます。

(注:天気が悪いと言うのは雨が降るという意味ではなく、星が見えないという意味です)

 

早速カメラを持って家から5分の大冒険☆

稲木干しと星

稲木干しと秋の星です。

家から5分でこの景色、鳥取ってイイですね。

田んぼに降りればもっと良い写真が撮れたでしょうが、不法侵入はいけません。

久しぶりに星撮るとやっぱり難しいです^^

さて、昨日お伝えしていた運命の出会い。

その新しい相棒と私の合作がこちらです。

魚眼レンズで撮影

ぎょぎょぎょのぎょがんレンズです~^^

天の川を撮りました。

こんな写真がずっと撮りたかったんですよね~☆

でも星が見えなかったこの1ヶ月、やたらと明るい望遠レンズに心が揺れて・・・

ふと星空を見上げたある夜

『魚眼が欲しい』

そう思った私はネットでみるや、16mmの中古にひとめぼれ^^

注文したら翌日届き、そのまま星空の下へ私は消えていきました(笑)

秋のオリオン座

南東にはオリオン座も見え始めました。

つい先日まで明け方登っていたと思ったのに、もう11時ごろでも登るんですね。

時の流れは早いです。

 

写真の真ん中あたりに星が密集しているところ、スバルです。

このスバルをサンヨンで狙いました。

そのお話はまた今度^^

 

やっぱり星は良いですね。

心が真ん中に戻ってくる

そんな感じです☆

 

 

皆さんこんにちは。

ちょこっと写真を撮りに、渓流へ行って来ました。

今年も熊が多いそうで、あまり奥の方へ行くのは危険です。

途中でコスモスを発見。

121015-01.jpg

温かい陽気に照らされて、甘い香りを漂わせ、沢山の花たちが咲いていました。

コスモスは大勢で咲いたほうがよく似合いますね。

そこへミツバチが飛んできました。

『私を撮って』 と言わんばかりに誘っているようにも見えます。

こういうとき、望遠マクロレンズがあると良いですね。

この時点で欲しいレンズが1つ(笑)。

 

さて、目的の渓流へ向かいます。

121015-03.jpg

桜の枝と布引の滝。

枝には沢山の苔、シダが寄生しています。

人間だったら振り払っているところでしょうが、桜の木々はお構いなし。

全てを受け入れています。

 

ちょっと暗い場所。私のレンズでは暗すぎます。

この時点で欲しいレンズがまた1つ(笑笑)

121015-02.jpg

こちらは桂の木に寄生したきのこです。

木の栄養を吸い取って生きていますが、こちらも桂はお構いなし。

そして私も木肌に手を触れて心の栄養を分けてもらいます。

ごめんね、そしてありがとう。

だけど木々たちは嬉しそうです。

 

倒木に根を下ろした新芽を発見しました。

しかし場所が悪く、上手く撮れない。

それもそのはず、彼らは撮られる為にいる訳ではない。

ただそこに落ちたからそこに根を下ろすのみ。

『置かれた場所で咲きなさい』

誰か言っていましたね♪

 

さて、望遠マクロと明るいレンズ、二つあわせて目が飛び出るようなお値段です。

 

考えて、考えて、結局買わないレンズたち。

でもその反面、以前から気になっていたけど、まだ買っていなかったレンズ。

中古で良いのが出てたのであっさりと買っちゃいました。

 

フシギなものですね。

こういうお買い物は『時が来た』とでも言いましょうか、私の中で準備が出来るのを待っててくれてたのかな~と思ったりもして。。。

 

 

そして、イメージ通りの写真が撮れるからまたフシギ♪♪ 

 

その写真はまた今度^^

 

 

皆さんこんにちは。

今日も誰かの誕生日。

本日お届けされるわんこのクッションは贈り先様を幸せに出来たでしょうか♪

 

さて、私は休日を利用して出石(いずし)と言うところへ行って参りました。

兵庫県豊岡市の普通の町並みの中の一角に、城下町の雰囲気を残した区域があります。

121013-01.jpg

私は人を撮るのが苦手ですが、こんな風に撮ってみました。

優しそうなおばあちゃん。でも売っているのは激辛唐辛子^^汗

121013-02.jpg

神社があったので行ってみました。

狛犬が2対。フシギな空間です。

121013-04.jpg

手水はこんな感じ。

龍のヨダレでお清めです。

おっと不謹慎でしたね。清らかな水です。

121013-03.jpg

イチョウと神社。

facebookにアップしたら一句求められました。

 秋空の元
 D700に 見つめられ
 頬紅くなる
 銀杏の横顔

ん~、まだ青々としてますね。

 

121013-05.jpg

出石と言えばお蕎麦です。

スマホで撮りました。これにデザート(蕎麦葛餅)もつきます。

最近美味しい蕎麦によく出会う。

ここで一句。

 美味い蕎麦
 一緒に食べたい
 あなたの傍で

 

しっつれい致しました~^^

 

 

おはようございます。誕生日プレゼント工場の三浅です。

体調が良い日は午前中にブログを書いていると自分で気が付きました^^

 

さて、竹田城の続きです。

121011-01.jpg

雲海(みたいな霧)

望遠レンズが欲しいと思うこの頃、タムロン28-300mmと言うレンズも悪くないと思うこの頃、
さて、このレンズで私はこの先どんなシーンを撮っていくでしょうか。

121011-02.jpg

暗い時は分からなかったけど、明るくなるとこんなに沢山の人がいたんですね~。

121011-03.jpg

霧が出てはすぐに消え、それを何度も繰り返し、竹田城は目を覚まします。

明るくなってきた頃、隣の山の展望台へ移動します。

今回の目的は紅葉&雲海撮影の為の下見なので展望台は抑えておかなきゃです。

城跡を下り、隣の山へ向い、登っている途中、城が目を覚ましました。

121011-04.jpg

天空の城と呼ばれる理由が分かるでしょうか。

次回は望遠レンズ(サンヨン)もって行こうかな^^

あと、ここで是非星空も撮りたいですね。

121011-05.jpg

ここでバディーのご紹介。

京都の友達に紹介してもらったTさん。

カメラにめっぽう詳しく、竹田城を見ながら色々お話を伺いました。

信州や伊勢、東北など車で旅しながら写真を撮っておられるそうです。

あと、京都にお住まいなので自転車で神社仏閣の撮影も行かれるとか。

なんだか私もそのうちこんな感じになりそうな予感^^;;

 

竹田城跡の下見、出来すぎの結果になりました。

秋の紅葉、冬の雲海が楽しみです。

 

 

おはようございます。

今朝はパソコンが付かなくて焦ったのですがコード抜いてふた開けて掃除したら治りました^^人もパソコンも頭の中に風を通すと良いのかもしれませんね。

さて、京都で写真友達が出来た私、京都と鳥取の間をとって兵庫県某所で待ち合わせ。

待ち合わせ時刻はなんと朝の3時^^汗汗

この時ぞとばかりに、以前から一度やってみたかった車中泊に挑戦です。

思った以上に快適でぐっすり眠り、2時に目が覚めました^^☆

 

待ち合わせし、向かった先は夜の竹田城跡☆

竹田城のベンチ

3時半ぐらいに着きました。

竹田城のベンチです。

露出時間長いので明るく見えますが、現場は真っ暗です^^;;

星を狙っていましたが半月で少し明るく星はとれません。

オマケに曇ってました。

目的が紅葉&雲海の下見なのでokとします。

121010-02.jpg

まだ暗闇の中の城跡です。

霧が少し出てましたが雲海と言えるほどではありませんでした。

冬の方が雲海になり安いそうです。

121010-03.jpg

空が赤くなってきました。

山の端いと美しぅ。。。ようよう白ぅなりゆく・・・

国語の時間は嫌いでした。

自分の感想をいってくださいと言われたのでそのまま言うといつも先生に笑われたものです。

121010-04.jpg

だんだん明るくなってきました。

121010-05.jpg

ここで見事な朝やけになりました。

皆さん、今までどこにいたのか、人が急に増えてます。

1ヶ月前来た時よりも倍くらい多かったのにはビックリ。

 

後ろで写真を撮りたそうにしている人がいます。

私は自分の写真が撮れたらそそくさと引き上げます。

 

するとこんな場面を神様が与えてくださいました。

121010-06.jpg

さっきの場所よりこっちのほうがお気に入り。

これで雲海が出て、石垣の上の人がもっと増えれば私的には最高です。

いや、もうちょっと左前方に進んで、カメラマンを寄せて、尚且つ日の出と近づけて撮るかな♪

そんなことを考えるのがまた楽しいです。

 

この後、サンドイッチを食べながらバディーとカメラ談義。

バディーはCANON5Dⅱというカメラを操っていました。

写真も見せてもらいましたがさすがでした。

こんな会話するとレンズが欲しくなっちゃう^^;;

 

2人で話をしていると女子大生らしき若いグループに声を掛けられます。

5人でジャンプするのでその瞬間を撮って欲しいとの事。

なんでも、私達がいいカメラを持ってるので、お上手そうだからと。。。

ここはバディーに譲ります^^。

 

さすがバディー、コンデジもお上手らしく、グループの皆さん感動されてました。

 

『いつ来たんですか?』

『3時半くらいですかね~』

『え!!そんなに早く?』

『はい、星とか月とか一緒に撮りたかったんですが曇っちゃって』

 

ちょっと会話しました。

ペット連れてると他人と会話が生れるものですが、カメラも同様なんですね。

写真ってフシギです。

 

 

 

 

こんにちは。

3連休はゆっくりしちゃいました。

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

さて、連休前から続いている京都旅行記。今日で3回目の最終回。
いつまでも京都にいたいけどね^^

 

121009-01.jpg

朝起きて向かった先は嵐山のトロッコ列車。

観光客を迎える体制が出来てさすが京都だな~と思いました。

で・も・・・

その裏には皆さんの努力があったのだそうな(帰ってから友達に聞きました)。

121009-02.jpg

さて、お次は楽しみにしていた梅小路公園の機関車館です。

121009-03.jpg

機関車の兄弟が勢揃い。でもみんな車庫に入ってたのでちょっと寂しかったな。

やっぱり汽車はお客さんを乗せて線路を走って欲しいな~と思いました。

そんな訳で、全国で実際に路線を走っている機関車を見に行きたくなった次第。

あ~どうしましょ。大きなレンズ一本(70-200f2.8)を先送りにしたので秋は紅葉撮影がてら、どこかSL見に行こうかな。。。と思った次第。

それにはカメラバッグを買わなきゃと思う次第。

そして1つ、また1つと悩みが増える次第。

 

これを沼と称する次第^^;;

 

121009-04.jpg

最後は10年ぶりの再会。(ホテルでお食事^^)

学生の時にお世話になっていた方(遊び友達)と会ってきました。

5歳くらい年上で学生の頃からとてもよく面倒見てもらっています。

久しぶりの楽しい会話に元気を頂き、やっぱり人と会うって大事だな~と思いました。

そしてそして、私が写真がすきということで、同じ写真好きの方を紹介してもらいました。

そしてそしてそして、10月6日の竹田城撮影に至ったわけであります。

 

次回、竹田城の夜明け。

星を狙うも月が明るく、月を狙うも雲が厚く、雲海を狙うも霧しか出ず・・・
でもとても楽しい撮影会になりましたYo!

お楽しみに。

嵐山散策

| コメント(18)

おはようございます(お昼だけど)。

今日は京都嵐山の朝をご紹介(だからおはようございます)。

京都に住んでたけど嵐山は初めて。(まぁ、あまり学生の行く町じゃないしね^^)

な訳で、6時半ごろホテルを出てとりあえずぶらぶら歩きます。

 

とりあえず歩いてて、こんな景色にすぐ出会うから京都って素晴らしい。

京都の楓

京都嵐山、なんとか寺の楓。

雲龍図という、それはそれは立派な絵が公開されているらしいですが、早朝なのでまだ開いてません。あ、思い出した、天龍寺だ^^

 

三脚禁止って書いてあったので、後で友達に尋ねると、三脚立てるとその場に居座るから他のカメラマンの邪魔になるらしい。あと、苔とかの上にも平気で立てる人もいるらしい。

こういう配慮があるのも京都らしいな~と思いました。

ちなみに和尚さんは秋の紅葉の落ち葉は奇麗だから掃除しないそうです^^

 

観光客に来て頂く体制が町全体で整っているんですね。

 

121005-02.jpg

そこからさらに15分ほど歩いて、次のお寺は清涼寺。あら素敵なお名前ね♪

 

facebookに写真アップしたら、どんなレンズ使っていますか?って聞かれます。

上の2枚はタムロン28-300っていう、いわゆるキットレンズ(?)です。

実は今欲しいレンズが浮上中。でも20万円くらいするから見て見ぬふりをしています(笑)

 

121005-03.jpg

ここ清涼時寺で1本だけ紅葉した葉を発見。

秋の気配です。

 

京都の紅葉と言えば有名どころが沢山ありますが、やはりそういうところは人も多くなります。

私が住んでいた左京区某所はガイドブックにも出ておらず、人がほとんどいなくて、紅葉がとても奇麗でした。あの場所、まだあのまま残っているかな。いつか勝負レンズ持って写真撮りに行ってみたいな。

 

あの神社の紅葉は十数年ぶりの私をどんな顔して向かえてくれるでしょうか。

燃えるような真っ赤な紅葉、

一面真っ白の雪景色、

青々と覆い茂る夏の緑、 思い出されます。

 

おっといけない、この後は前日のお仕事の続きです。

そろそろ移動しなくては。

 

 

昨日の答え、嵐山2泊素泊まり ①番の13,600円でした。

友達に、安かったね~と言われました。

でもブログ友達のモルタルマジックさんによると、もっと安いところもあるらしい。。。

 

京都に遊びに行って来ました。

いえいえ、仕事です。

仕事こそが最高の遊び♪♪

 

以前はそれくらい元気でした。

今は・・・、生きているだけで全部ok!

 

さて、京都と言えば私の第二の故郷。

学生時代の4年半を過ごした街です ( "半" って何でしょう^^?)

 

その京都で、とある展示商談会。

会場はなんと下宿していたアパートのすぐ近く。

よく散歩に行ったものです。

仕事の中身はまだナイショですがいい感じでした。

 

仕事もチャッチャと終わり後はなつかしの神社を散策です。

(繁華街には出かけません。人ごみは苦手です♪)

 

平安神宮の中

季節柄、花も無く、紅葉も無く、カメラマン泣かせの庭園でありきたりな写真を撮る^^

スーツを着てデジイチ持った不思議な観光客です。

121004-02.jpg

楓たちもまだ青いまま。

121004-03.jpg

百日紅(さるすべり)と飛び石。

猿も登れないほどつるつるの木肌からその名がついたとか。。。ホントかな?

『百日紅』って書くんですね~。長い間花が咲くのかな?

 

121004-04.jpg

観光客さん。

手持ちで望遠なので若干手振れぎみ。ゴメンナサイ。

旅行に行くようになり、小さくて丈夫な三脚が欲しいと思うようになりました。

 

夜は嵐山に泊まりました。

嵐山のホテルだって言ったら、友達に

『三浅も出世したな~』

と言われ、何のことかと思いきや、ホテル周辺は高級旅館が立ち並ぶ観光地^^汗汗

チェックインするまで何かの間違いかと思いましたよ。

 

さて、休日前と土曜日の嵐山。

ビジネスホテル2泊素泊まりでハウマッチ?

1、13,600円

2、19,800円(普通のホテルでこれくらいかな?)

3、29,800円(嵐山で休日前だとこれくらいするのかな?よく分からないけど)


参考資料:ホテルは全室から渡月橋が見えます。

121004-05.jpg

ホテルから見た渡月橋。

星が出なかったのが残念でした。

 

 

朝日をあびる天空の城、竹田城。

121002-01.jpg

朱色の朝日が石垣にあたり、それはそれは不思議な時間でした。

まるで眠ったお城が甦るように。

まるでラピュタが目を覚ますように^^;;

121002-02.jpg

遺跡っぽい感じ。

121002-09.jpg

この辺、ラピュタっぽい^^

121002-03.jpg

古代の文明らしさを感じます。

なぜか、普通の城跡を散策しているのとはちょっと違った感覚を覚えました。

日本のマチュピチュと呼ばれるのも分かります。

121002-05.jpg

気持ち良さそうに寝ています。

この石垣に腰を下ろし、足をぶらぶらさせている人、石垣の近くでヨガしている人、色んな人がいました^^怖くないのかな。。。

 

121002-07.jpg

ナイスカップル。

こういうときは良いレンズが欲しいと思います^^

121002-10.jpg

これ、この写真。このカップルね、、、この数秒前にすごくいい絵になってたんで急いで撮ったんですが、すぐにポーズが変わっちゃいました^^

奇麗なシルエットだったな。

シャッターチャンスとの出会いは一期一会ですね。

 

前日から襲ってくる得体の知れない不安の中、流れに身を任せているとたどり着いたこの場所。

京丹後のおやじさんはこのように表現されました。

>全ては手離すと良くなるように出来ているのでしょうね。(^^)

>常識とタブーにとらわれないということでしょうね。(^^)

なるほど、その通り。

受け入れた瞬間、全ては解決する。

言葉が違うだけで、私がブログで教わったことと同じです。

 

それは(受け入れる、手離すという事は)心を捨てたことでもなく、向上心を捨てたことでもなく、自分が作ったしがらみから解き放たれた感覚。

 

明日には何が起こるかわかりませんが、それも必然。

怒らず、焦らず、不安がらず、起きるがままを受け入れよう。

竹田城跡はそう思わせてくれる場所でした。

 

 

皆さんこんにちは。

ホテルに宿泊するも、寝付けなかった男が一人(笑)

時刻は朝の4時。

体調悪いし、帰ろうか。

それとも竹田城行ってみようか。。。

 

ここは兵庫県朝来市和田山のとあるビジネスホテル。

先の事はあまり深く考えず朝の5時にチェックアウト。

 

コンビニを探す車はいつしか竹田城方面へ進んでいました。

 

コンビニに車を止めると堺ナンバーの車。

『あ、昨日のカップルだ』

と思ったけど、気付かない振りをしておにぎり買っていざ出発。

やっぱり道は竹田城へ続いていました^^;;

 

べつに日の出を狙ったわけでもなく、目が覚めて居心地の悪いホテルを出たくなったから出発したと言う程度のものでしたが・・・。

着いた時刻はちょうど日の出前。

121001-01.jpg

日の出を待つカップル。

121001-02.jpg

こちらはお友達同士でしょうか。

とても沢山の人がいました。

100人か200人くらいいたかな。。。

 

最近、写真を撮ってて、iso感度がどうとか、レンズがどうとか、あまり考えなくなりました。

それよりもその瞬間そこにある情景を撮ることの方が面白い。

そういう時期って事でしょうかね。

 

121001-04.jpg

太陽が出てきました。

沢山の人が歓声を上げていましたが私には何も聞こえませんでした。

周囲が気にならないくらいの感動です^^

 

レンズ談義を読んでいるとこのゴースト?フレアー?これが出ないレンズが良いと言われているようですが、私はこれが案外好きです。

好みは人それぞれですね~。

ちなみに28-300mmの安いレンズだから沢山出てくれます(笑)

 

121001-03.jpg

カメラマンも沢山来ていました。

皆さん良い写真は撮れたでしょうか。

 

私は是非、ここで星を撮りたいと思いましたよ。

でもきっと真っ暗で怖いからバディーを見つけなきゃ^^

 

明るくなってくると、城跡の全貌が見えてきます。

すると、なんじゃこりゃ~の光景でした。

 

日本じゃないみたい。

遺跡っぽい。

古代の神殿って感じ。

 

続きはまたあした^^

あみもの駅長

三浅俊幸

三浅俊幸

自己紹介

運営サイト

 ファンデルワン

 『あみものあ~と』

 還暦祝い

趣味の写真ライフ

 星の停車駅

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

伯爵様のデジタルフォトdiary

村田ボーリングの社長ブログ

寿香蔵通信

新潟スイーツ・ナカシマさん

保険屋おじちゃんの独り言 

日南海岸黒潮市場フルサワ 

京丹後のおやじのうんちく日記

ゆったり靴下独り言

ジョイクックおくだのお母さん

Cotton母さんの日々彩々

パンツ屋さん

ボクサーパンツ

山あり 谷あり 努力あり
民芸家具

吉野聡建築設計室さん

こまわり日記4

中古パソコン屋

モルタルマジック

ティンカーベル

TWINSさんのブログ

ねしゃかさん

網代の木はだ屋女将

いづみや女将さん

山梨県甲州市の学習塾こばやしさん

京丹後の藤井さん

木仙人さん

madamutorikoさん

コドモトさん

ふとん屋@五代目さん

銀の迷子札さん

銀色日記

お米農家 内山農産のチカさん

保険屋あいさん

アーク学院さん

きらくの若女将

ぽてちよさん

DROP KNEE

 

メニュー

クリスマスプレゼント

誕生日贈り先一覧

お祝い,イベント

 

母,義母 誕生日プレゼント

父 誕生日プレゼント

友達 誕生日プレゼント

おばあちゃん誕生日プレゼント

彼女誕生日プレゼント

彼氏誕生日プレゼント

還暦退職祝い

送別会

結婚祝い

ウェルカムボード

出産祝い

出産祝いブログ

結婚記念日

結婚式両親へのプレゼント

敬老の日プレゼント

釣り好き

誕生日プレゼントへの想い

誕生日プレゼントサイトマップ

リンク集 ギフト1,2,3,4,5,6 ブライダル1 出産1