誕生日や納車のお祝いにご利用頂いています。愛車の写真で作ったオリジナルプレゼントのご紹介です。誕生日の贈り物にいかがでしょうか。
navi.gifトップページ送料・決済ご注文方法作品紹介お客様の声よくある質問お問合せ

田舎で暮らす親へ、敬老の日のプレゼント

家族の写真,敬老の日のプレゼント

写真そっくりのオリジナルひざ掛け 詳細はこちら

お孫さんのお写真で敬老の日のプレゼントにいかがですか?

 

当店ではお写真そっくりにオリジナルのひざ掛けをオーダーメイドで作成しています。ギフトシーズンをはじめ、誕生日プレゼントやクリスマスには様々なお写真でのご依頼が多いですが、敬老の日のプレゼントにはご家族のお写真が一番多いようです。特にお子さま(お孫さん)がいらっしゃるご家庭は子供さんのお写真をおじいちゃんおばあちゃんにプレゼントするととても喜ばれるみたいですね。

 

私は祖父母とは別々に暮らすいわゆる核家族で育ちましたので、敬老の日と言っても特に何かをしたという記憶はあまりありません。ひと月、ふた月に一度は祖父母の家に遊びに行き、家族親戚と一緒に食事をした記憶がありますのでその中に敬老の日もあったのかもしれませんね。

プレゼントと言えば保育園の頃に何か作ったような記憶はあります。しかしそれが何だったのか思い出せないほど薄い記憶でしかないですが、その何かが祖父の家に飾ってあったような記憶は残っています。

 

今は祖父母の他界し、お仏壇の前で手を合わせることくらいしかありませんが、生きていたらひ孫の顔でも見せてあげられたのにと思います。

 

さて、田舎を離れて都会で暮らしていた頃、敬老の日というイベントは私にはさらに遠いものになりました。その頃は敬老の日と言えば毎年9月15日でしたが、当時私はその日がなぜ休みなのかも気にしておらず、今思えばただただ休日を楽しんでいただけだったように思います。いつ頃からでしょうか、敬老の日が9月の第三月曜日になり、3連休となった人も多いと思いますが、お盆の帰省を避けてこの三連休に帰省される方もいらっしゃるみたいですね。

私も田舎に帰って就職し、今の仕事をはじめ、プレゼント系の商品の作成をお受けするようになると、敬老の日にちゃんとお祝いをされているお客様に感心し、自分自身を反省せずにはいられません。

 

また、故郷を離れていても、田舎で暮らすお父さんお母さんへ敬老の日にちゃんとお祝いの品をお送りしている方も多いようです。その場合、当店では敬老の日当日指定でのお届けも可能です。

お客様からは敬老の日とは伺っていなくても、配達日時が9月の第三月曜日に集中しているところを拝見すると、おそらく敬老の日のプレゼントであろうと推測することが出来ます。

私も子供を授かり、両親へ子供たちの顔を見せてあげることもひとつの親孝行かなと思っています。

日々親に感謝し、出来る限りの親孝行をし、そしてステキな作品作りに励む今日一日を大切にして生きたいと思います。