2018年11月7日

夜が色々な物を包み隠すように
朝日は星達を追いやって
今まで見えなかったものを映し出す。

僕らの目で見えるものは
どこまでが本当のことなんだろう。。。

人の心は見えるかな?
心の目なら、見えるかな?

2018年11月5日

収穫が終わった田んぼには
たくさんの色が落ちていて
そこに朝日が当たるものだから
まるで虹色の夢を見ているようでした。

列車の乗客はきっと
みんな静かに窓の外を見ているのだろう

今はまだ届かないけど
どうしてもあきらめられない
自分の夢を追いかけながら。。。

2018年11月5日

週末が楽しいと
一週間くらい旅行してきた気分になる。

写真をたくさん撮ってくると
カメラの中を冒険してきた気分になる。

朝の暗いうちから夜暗くなるまで外にいると
時間ごとに違う町を歩いた気分になる。

明日はどこへ出かけようか。。。

2018年11月2日

出発前のフォ~ンと鳴る汽笛が好き。

あれは野鳥を蹴散らす警告音か、
駅を降りた乗客への声援か。

2018年10月19日

確かに、色んな過去があるから今の自分がある。

でも、その過去を大事にする必要はない。

今の自分を大事にすればそれで良い。

過去なんか忘れちまいな。

昔の自分が恥ずかしくなる。

それで良い。成長した証だ。

自分の選択に後悔がある。

それで良い。人生は何度でもやり直せる。

前に進む事を考えよう。

星と列車、一緒に撮る方法は無いものかなぁ。。。

 

2018年10月06日

181006

シグマ24mmマクロレンズ

2012年春、星の写真を撮りたくて
喜びに満ちて手に入れたとき
嬉しくてたまらなかった。

そして僕を星空の世界へ連れて行ってくれました。

毎日空を見上げて
今夜は晴れるかな~なんて思ってた。

当時は誰にも撮り方を聞けなくて
自分で調べたりするのも楽しかったなぁ。

なぜマクロレンズで星が撮れるんだ?
って思ってた^^。

収差やゆがみも全く気にならず、
ただただ、楽しかった。

そのうち仲間もできて
真っ暗な中にいた僕を
光の中に呼び出してくれて、
カメラの話をしたり
情報交換したり
人生相談に乗ってもらったりw
写真で誰かが元気になってくれたら・・・って思ってたけど
僕が一番元気を貰ってた。

この数年で高性能なレンズがたくさん発売され、
とうとう僕も次のレンズを買っちゃった。

思い出がたくさん詰まったレンズ。
一緒に星を見てきたレンズ。

星の停車駅で一番よく使ってたレンズ。
今は姫路嬢のレンズキャップをはめているww

ありがとう☆
次はどんな景色を見に行こう。。。☆

2018年10月05日

181005

この広い野原いっぱい、咲く星を
ひとつ残らず、あなたにあげる

なかなか結果が出なくても
なかなか認めてもらえなくても
毎日頑張っているあなたへ☆

2018年10月04日

181004

商談は無事に終わり
数年分くらいの刺激を受けて来ました。

良い話になりそうです。

こういう仕事がしたいんだ。
だけど僕の立場じゃできない。

「置かれた場所で咲きなさい」
も大事だけど、
自分の居るべき場所を作るのも大事だぞ~。

写真はオールドニッコール135mm
D5000(入門機)

2018年10月01日

181001

な~にっか良い事明日は起こる♪
ワクワクするのも半分こ♪♪

これからどんどん良いこと起きますよ~。

今は我慢の時期ですが
もうすぐいいことおきますよ~。

写真撮ってたら
そんな気持ちになりますよ~☆

雨のマリーゴールド
ニコンD5000
レンズ、135mmオールドレンズ♪♪

2018年09月28日

20180928

ニコンの入門機で試し撮り。
D700を使ってなかったらこれで十分だっただろうな。

でも、この先の景色を見たいから、
次の宇宙船D610に乗り換えるだよ~☆

2018年09月26日

今朝も濃い霧に包まれました。

夜は、暗闇が色んな物を消してくれる。
霧も色んな物を消してくれる。

だからいつもと違った景色が見える。

いま見ているものから何かを消すと
今まで見えなかったものが見えて来る♪♪

2018年09月19日

180919

今年は彼岸花がさかないねぇ。

って、あの子が言った次の日から
急に咲き始めました。

カメラバッグを出してきたら
荷物が入らない。

弁当、着替え、本・・・
この数年で
背負う荷物が変わってきた。

2018年6月25日

180625

光の中では見えないものが
闇の中では浮かんで見える(まっくら森の歌)

ここはオオコノハズクの住む森

真っ暗になると鳴き声だけが聞こえてくる。
フクロウの羽ばたく音は
僕らには聞こえない。

2018年6月13日

久しぶりに

星を見てきたよ。

 

悲しかった頃を思い出すかと

少し不安もあったけど、

そんなことはなかったよ。

 

子供の頃に星を見たのを思い出したんだ。

 

初めて覚えた星は

オリオンの三ツ星。

教えてくれたのはお母さん。

 

それをオカンに話したら、

全く覚えてなかったよ。

 

 

2018年2月14日

今シーズン最初の天の川は
星達からのバレンタインのプレゼントになりました☆

雪がもう少し綺麗だったらな・・・。

さそり座がとても綺麗でしたよ。

あの星の並びの
絶妙なバランスが好きです。

 

2018年2月9日

気にすることないよ。
たまたま上手く行かなかっただけだから。
 
なげくことないよ。
ただ、ついてなかっただけだよ。
 
心配することないよ。
先のことなんて考えても
何も変わらないんだし。
 
焦ることもない。
頑張ることもない。
 
もう十分頑張ってるよ。
だから今日はちょっと休もうよ。
 
星空でも眺めながら。。。☆

2018年2月6日

雪が降ると
街がふわっと明るくなる

雪が降ると
街が少し静かになる

雪が積もると・・・

なんだかみんな
少し優しくなった感じがする

 

2018年2月5日

以前の僕はこの席で
窓の外ばかり見ていただろう。

過去の事を考えて
悔しかった事や悲しかった事を
思い出していただろう。

今の僕はこの席で
向かいに座る
あなたの顔を見るだろう。

明日の事や、将来のことや、
この後どこに行こうかと考えるだろう。

将来の僕はこの席で、
あなたの事も、窓の外も
ちゃんと見えているだろうか。

一緒に窓の外を見ていたいな。
一緒に机の花を見ていたいな。
同じ時間で同じ物を見ていきたいな。

2018年1月19日

すこぉしくらい雲が出たって
僕は負けないぞ。
 
すこぉしくらい辛いことがあったって
僕は元気だぞ。
 
すこぉしだけ良いことがあれば
僕はとっても幸せになる。
 
生きていたり、
歩けたり、
ご飯が食べれたり、
そんな少しが
僕は嬉しい。
 
今夜は晴れるかな。
そんな少しが
僕の願いだ。
 

2018年1月17日

はぁ、、、とため息が出て
うっとりしてしまう。
 
どれかひとつは誰かの夢で、
どれかひとつは誰かの希望で、
どれかひとつは誰かのたいせつな人。
 
同じ星を
どこかで見ている人はいるのかな。
 
同じ星を
みんなが違った思いで見ているのかな。
 
でもみんな、
同じ星を見ているんだね。
 

2018年1月16日朝

この頃はこの景色に会いたくて
毎朝お出かけしています。
 
この季節、この時間、
今しか見えないこの景色
 
夜明け前の夏の星
 
少し元気になりました。
 
忘れかけてた大事な言葉
遊ばざる者 働くべからず☆
 

2018年1月15日 2通目

いつの間にか
物事を前向きに考えるようになっていた。
 
いつの間にか
目標が出来ていた。
 
いつの間にか
元気に暮らす自分がいた。
 
命と向上心があれば
何とかなる。
 
不安になる時もあるけれど
そんな時は少し休んで
のんびり星でも見ていれば
またそのうち元気になる。
 
 
新しいレンズを買おうかと思う。。。

2018年01月13日

このベンチに座って
最後に星を見たのはいつだろう。

いつからか毎日の生活に満足して、
いつからかなんとなく生きていて、
いつからか星を見なくなっていた。

きっと幸せになったんだ。

あの頃感じていた感謝の気持ちを
今でも持っている?

あの頃感じていた生きている喜びを
今でも覚えている?

大切なものほど
すぐに忘れてしまうから
時々こうして星を見よう。

 

2017年11月30日

オリオンが登ってくると
見に行きたくなる景色がある。

ここから見る星が好きで
淡くて静かな空が好きで
時々こうしてやってくる。

一枚だけ写真を撮って
少しだけあの頃を思い出して
また、車に乗って
元の生活に戻っていく。

僕の心の帰る場所。

 

2017年11月15日

僕は生きるのが下手だから
時々とても不安になる。

時々人が怖くなり
時々急に元気になって
その後いつも落ち込んだりする。

誰かの言葉が心に刺さり、
僕も誰かを傷つけて
逃げても逃げても
ちょっと後ろを振り向くと
すぐそこまで迫ってる。

星の下には誰もいないけれど
僕が逃げてきた夜は
星たちの声も聞こえない。

あの頃のように
耳を澄ませば聞こえてくるのかな。
心を澄ませば聞こえてくるのかな。

星の声は小さいからね。。。

2017年11月8日

たくさん泣いて、
仲間たちに支えてもらって、
一人で生きていけないことを知って、
いろんな人に感謝して
支えてもらってることに感謝して
以前より優しくなれたと思う。

だけど、
周りの人に優しくなるのは良いけれど、
自分にも優しくなりすぎていないかな?

もっと頑張らなきゃ。
もっと上を目指さなきゃ。

僕はもっと
元気なはずだ。

僕はもっと
出来ることがあるはずだ。

2017年11月7日

朝晩、すっかり寒くなりました。

公園の葉も紅く色づき
いつもより忙しそう☆

それに急かされるように
僕らは写真を撮りに行く

まるで葉っぱに
遊んでもらっているようだ。

2017年11月6日

僕の写真が誰かの心に届くなら・・・

そう思ってきたけれど、
写真を撮ってる時は
自分が一番楽しんでいる。

写真で誰かと繋がれるなら・・・

そう思ってきたけれど、
僕が写真を撮っていなくても
みんな一緒にいてくれる。

僕は幸せだ。

 

2017年9月7日

僕には出来ない事が
たくさんある。

でも、僕にしか出来ないことも
たくさんはあるはず。

上手く行きかけたら失敗し、
もうダメかと思ったら最後の望みが見えて来る

この何年もその繰り返し。

きっとこれからもその繰り返しなんだろう。

今出来ることはまだ山ほどあるはず。

それを見つけるのが難しいだけのこと。

 

2017年9月5日

あと少し上を向こう
痛い思いして泣いても
ファインダーを覗いた奥には
何でも見えるの。

どんなに何か壊れても
きっと良い風に変えてよ、私

未来を写すレンズの中には
強気と勇気を

♪ lecca 未来カメラ

私の好きな歌です。

2017年9月1日

まだ結果は出てないけれど、
自分のやってきたことが間違っていないと思えたこと。

ちゃんと生きてて良かったと思えたこと。

不安もあるけれど
これからも同じように生きていこうと思えたこと。

なんだか分からないけれど、
とても幸せだ。

生きるのは上手じゃないけれど
これからも同じように生きていくと思う。

これからも色んなことがあるんだろう。

明日の僕は何を感じて生きてるのだろう。

今はなんだか、とても落ち着いてるよ。

2017年8月30日

先のことは分からないけれど
今ぼくはとても幸せだ。

音楽を聴いているときも、
絵を描いているときも、
いつもいつも、幸せだ。

だからきっと、これからも、
幸せでいられるだろう。

昨日は星が見えるのが嬉しくて
お願い事するの、忘れちゃった。

また、星を見に行こう。

2017年8月29日

たくさんお礼を言いたいけれど
上手く言葉に出来ないから、
あの人の好きなオリオン見てきたよ☆

初めて、星にお願いごとしちゃった。
上手く行くかな。

上手く行かせて、
お礼を言わなきゃいけない場所が
また増えちゃった。

2017年6月21日

変わらないものって
あるんだろうか。。。

ずっと一緒にいようね
そう言っていた人は
いつの間にかいなくなってた。

世の中は変わり続ける。
人も、社会も、星の居場所も。

間もなく2番のりばから列車が発車するらしい。

昨日までの夢は置いていけ。
過去の思い出は置いていけ。

あの星に着く頃には
そんなものは邪魔になるだけ。

そんな言葉を思い出す。

僕の気持ちも変わるだろう。

君は変わらないというけれど、
明日はもっと
好きになってるかもね。。。☆

2017年6月20日

言いたい事を
ちゃんと言葉に出来ていますか?

言っちゃった事に
後悔していませんか?

自分の心と向き合うことは
とても難しいことなんだ。

自分の心に正直になることが
ほんとは一番 怖いんだ。

辛いときには辛いと言おう。
悲しいときには言葉に出そう。

聞いて欲しい言葉は
ちゃんと相手に伝えよう。

ひとりで、誰にも話せないなら、
ここで一緒に星を見よう。

2017年6月19日

あの日、駅のホームで聞かせてくれたね。

北斗七星が下を向く頃
この町は雨に包まれる。

時が流れ、ひしゃくが上を向く頃
梅雨が明けて夏が来る。

そうすれば、綺麗な星空が広がり、
天の川が流れるんだよね。

柄杓の水が全部洗い流してくれるんだよね。

空気中のチリや埃も。

僕らの心の寂しさも。。。☆

2017年6月15日2番のりば

物事を難しく考えるのはもうやめよう

そのためにどうすれば良いかなんて
考えるのもやめよう。

丘の向こうの球場で
今日は野球をやっている。

こんなに明るけりゃ
星も見えないね。。。

明日は田植えをするのかな?
地球の栄養いっぱい吸って
美味しいお米にな~れ☆

2017年6月15日

水の向こうには
別の世界があるという。

夜の街には
別の世界があるという。

星の下には
僕らの世界はあるだろうか。

ときどき、恐ろしい過去が押し寄せて来る。
でももう大丈夫。

ときどき、辛い過去が迫ってくる。
でももう大丈夫。

星の光は何年も経って
地球に届く。
地球の光は何年も経って
あの星に届くんだ。

辛かった過去の光は、
もうこの地球には残っていない。

怖かった過去の光は、
もう僕らの手を離れてるんだ。

過去の光があの星に届く頃には
きっと綺麗な明かりになって
誰かが見ていることだろう。。。☆